ギリシャ人の1日に憧れる

緊縮財政が嫌になってEUともめているギリシャですが、ギリシャ人の1日のタイムテーブルを見て羨ましくなってしまいました。

  6:00    起床
  7:30    仕事
13:30    昼食
15:30    昼寝
17:30    余暇
21:00    夕食
22:30    就寝

どうでしょうか?最近ツイッターなどで話題ですよね。

NHKの『世界ふれあい街歩き』などの旅番組で、夕方になると夕陽を見るために海岸にギリシャ人が集まってくる光景を見たことがあります。ギリシャ人はいつ働いているのだろうかと思ったけど、普通に仕事は終えていたんですね・・・。

ドイツを代表するユーロ圏の国は、なんでこんな国を助けなきゃいけないんだ!とイライラしているとのこと。まあ、そうですよね。日本人が生活保護の不正受給にきれているようなものですから。

しかし、日本も見習って欲しいです。
全員がこの生活をするのは無理でしょうが、中にはこんな生活をする人がいてもいいのではないでしょうか?

日本の・・・特にサラリーマンは画一的すぎです。
それに比べて、ギリシャ人は幸福度高そう。経済破綻だといってものんびりしているのがわかる気がします。

日本人も同じ生活できればいいのに!と思いましたが、通勤時間だけで往復2~3時間かかるから無理だと思いました・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*