老後破産・・・貧乏老後の5大パターン

最近、老後破産という言葉が話題です。いろいろと特集も組まれており、老後に片足つっこんだ・・・いやいや、片足の小指くらいつっこんだ身としては気になるところです。

金持ち老後ではなく貧乏貧乏老後になってしまう5大パターンというものがあるそうです。それはこちら。

1.贅沢貧乏
2.教育費貧乏
3.パラサイト貧乏
4.離職貧乏
5.熟年離婚貧乏

1は子どもの教育費がかからない貯め時に贅沢してしまい、気がつけば貯金がない。
2は晩婚化の影響で子どもができるのが遅いと、そもそも貯め時がないまま老後になってしまう。
3は子どもがニートになるなど、すねをかじられ続けてしまう。

ここまですべて子ども関連です。子育てはうまくしないと、大変なことになりますね。

4はリストラ、早期退職、介護による退職、セミリタイヤなどで収入が途絶えること。
5は今ある財産も年金も半分持って行かれる悲劇です。

どうでしょうか?当てはまるものはありますか?

私は今のところ危険なのは、1ですね・・・。無計画な支出は控えて、無駄な固定費も削減していかないといけませんね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 赤い月 より:

    高齢者の皆さん~自己責任でお願いしますよ~♪♪

  2. GSU より:

    今の高齢者はきっちり年金もらえるのだから、自力で何とかして欲しいですね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*