交通安全協会の会費払いますか?

先日、運転免許証の更新に行ってきました。私は優良運転者なので、近所の警察署でも運転免許試験場でもどちらでも可能です。でも、毎回どちらに行こうか迷うんですよね。

その理由は、かかるコストの差と時間の問題。

運転免許試験場:交通費800円+更新料3100円=3900円
警察署    :交通費400円+更新料3100円+郵送費1000円+交通安全協会会費2000円くらい?=6500円

所要時間は運転免許試験場が4時間に対し、警察署は2時間くらい。さて、どちらを選びますか?

私の場合は、即日交付されることと日曜日もやっているということで運転免許センターに行くことがほとんどです。時間はかかるし、セルフサービスですけどね。

警察署に行かない理由の一つに、高コストなことがあります。交通安全教会にもメリットはあって、会費を払うと書類は書いてくれるし写真は撮ってくれるし、大変手続きが楽なので、妻なんかは警察署派ですね。しかも、交通安全協会のおばちゃんと良好な関係を築いて帰ってきているくらいです。

私をそうさせているのは、ある種のトラウマからです。地方出身の私は18歳で免許を取りましたが、その時は当然何もわからないまま強制加入されていました。問題は初めての更新のときです。

遠路はるばる免許センターまで行ったときに、更新はがきに書かれている金額とは別に、会費として2000円払ってくれと言われたのです。しかし、貧乏学生の私にそんなお金はありません。言われたとおりの金額しか持ってきていなかったのです。払ってしまうと帰りの電車賃もなくなってしまう・・・。そんな状況でした。

結局、お金がないというと、受付のお姉さんは鬼のような形相となり、塩対応です。

免許の更新で私より後から来た人はどんどん名前を呼ばれるのに、私の順番が回ってくることは永遠になく、結局2時間くらい放置されたのです。

ああ、これは嫌がらせなんだ・・・そう悟ったので、二度とそんな会費は払わない!と固く誓いました。

その後、東京に引っ越してきて、次の更新は府中の免許センターに行きました。交通安全協会と戦うことを誓って・・・。

ところがです。東京では交通安全協会に勧誘されることもなく、すんなりと免許証が交付されました。都会はやっぱり違う!ただ、このときの某県警の対応が私の若かりし心にトラウマを残しているのは間違いありません。

ところで交通安全協会とは

簡単にいってしまうと、警察官OBの天下り組織です。天下りなどけしからん!と息巻いていた時代もありましたが、今では書類書いてくれて、写真も撮ってくれるんなら2千円位いんじゃね?という感じです。今まで治安を守ってくれてたんですし。

さて、次の更新は5年後となりますが、その時は警察署でやるかもしれません(まだ優良なら)。

運転人口も減り、こういう天下り組織はどんどん淘汰されていくのかもしれませんが、まあ、メリットもあるし、応援しようかなとも思ってしまいます。

私も丸くなったものです・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*