マイルドヤンキーも悪くない

親戚の結婚式で関西方面に行ってきました。

今どき私の周りでは結婚式をやる人も少なく、結婚式自体が久々です。昔と違って、結婚式もやらなかったり、写真だけで済ましたり、家族だけ、レストランウェディングなどいろいろな形態がありますが、地域によってはいまだに盛大にやる地域もあるようです。

出費としてはえらいことで、正直、遠方の縁遠い人は呼ばなくていいだろ、などと思うこともありますが、いろいろと刺激になりました。

まず、その親戚というのがいわゆるマイルドヤンキーなんです。
ご存知かもしれないので簡単に説明すると、地元から出ず、友達や家族と仲良く、楽しくやっている人たちです。

本格的ヤンキーというわけではまったくありませんが、正直DQNぽいのは間違いありません。

・見た目がサラリーマンではない人が多い。
・喫煙率が以上に高く、結婚式で着物着ている人もいるのにモクモク。
・やたらと友達が多く、その家族も友達。
・結婚相手まで内輪の繋がりから見つけている。

恐らく土木業もいたり、ショップ店員的な人や、美容師、ネイリストなど手に職ある系の人が多いのだと思います。自分の周りはサラリーマンしかいないので、いろいろな人がいておもしろかったです。

まあ、生活できていて、楽しいのならそれでいいんじゃないか、と思います。

子どもには私立中学に行かせて、MARCH以上の大学に行かせて、聞いたことのある会社のサラリーマンになって欲しい、というのはもはや古すぎる気がします。

これからはグローバル化の影響もあり、何が正解かわかりません。縁や絆を大事にし、手に職を持ったりして、生き抜いていくことができる力の方が重要になるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*