のら猫に餌をやる外国人の職業は・・・

近所に野良猫が比較的たくさんいまして、遭遇すると眺めて楽しんでいます。

猫はかわいいのとそうではないのがはっきりしていますね。猫侍の玉之丞のような顔面レベルの高い猫がいるといいのに・・・。

その眺めている猫ですが、野良猫といってもそこまで警戒感もないので、逃げていきません。
つまり、餌付けしている人がいる訳です。

それが誰なのかと思ったら、外人なんです。

「Come,come,come,come」と餌を持って現れると、猫まっしぐらです。

しかし、この外人(白人)いつもいるんです。何やっているかわからない不審者です。トレーダーとかでしょうか?

ずっと気になっていたのですが、先日街中で見かけたことにより職業がわかった気がします。

夕方猫に餌をやり、その後、駅に向かいます。
そして、女性(日本人)と買い物をし、荷物を持ってあげて帰宅しているのです!

恐らくヒモ・・・トレーダーでなければ・・・。

うまいことやっていますね!

しかし、これは不思議なことではありません。

先日も白人男性と日本人女性のカップルがいましたが、男はユニクロで服をいっぱい買ってもらい、レストランでは女性に当然のようにご馳走になっていました。

ちなみに見た目は、日本人だったら単なるオタクです・・・。

東南アジアなどでは、働いているのが女性で、男どもは昼間みんなで集まって遊んでいて、仕事が終わる頃にバイクで迎えに行くということがよくあります。

女性の方が働き者なんですよね。
日本人女性は献身的で働き者なので、人気があるんでしょう。

日本人だとそんなのって・・・と疑問に思ってしまいますが、世界では別におかしいことでもないようです。ヒモ?専業主夫?も立派な仕事ってことですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*