飲食店が潰れまくり・・・景気って本当にいいの?

消費税増税の影響か、地元の飲食店が潰れまくっています。
街角景気、5カ月連続改善なんてニュースも出ていましたが、本当に?

特に年度末の3月にはいくつかの店が姿を消しました。
お店の改装が終わったり、居抜きのまま看板だけ付け替えたりで、新しい店もオープンし始めています。

気候のいいこの時期は比較的外食も多く、気になるお店をチェックしたりして楽しんでおります。

潰れたお店が新たにオープンするのはいいのですが、個人経営っぽいとその行く末が気になってしまいます。

傾向を見ていると、最初は物珍しさからお客さんが入る店も2~3ヶ月もすると空席が目立つようになり、閑散としているからです。

そういう店を見ると、自分が経営者ならどうするか?など考えています。

例えば一例を挙げると、個人経営っぽいお店があり、私も2度ほど行ったことがありますが、その後は足を運ばず結局潰れてしまいました。

その後、新しくできた店が心配になるくらい客が入っていなく、開店して半年も持たないんじゃないかと心配になっております。

勝手ながらなぜ暇なのか、理由を推測してみます。

1.駅から中途半端な距離にある。

駅からマンションが立ち並ぶ辺りの途中にあるのですが、その立地が良くないです。駅からある程度歩いて、帰りに寄ろうと思っても、店自体が小さいため、万一入れなかったり、休みだった場合のリスクが大きすぎます。

それなら、駅の近くで食べてしまおうという気持ちが出てしまいますね。

2.お店のコンセプトがよくわからない。

お店のジャンルが洋食店というか、いまいちわかりません。何屋さんかわかりにくいというのは、入りづらいです。お店のネーミングも残念ながらダサイ・・・。

3.お友達が店に来ている。

お店が暇だからか、見かねた友人が定期的に来訪してくれているようです。そのため、よくおしゃべりしている姿が見えます。あ、内輪向けの店なのね、と関係ない人はますます入りづらくなります。

いかがでしょうか?あなたならこんな店入りたいですか?

ちなみに自分ならどうするかも考えてみました。

私ならカフェか喫茶店のようなお茶がメインの店にします。夜は会社帰りのサラリーマンが一人でもふらっと寄れてビールくらいは飲めるとか。

食事する場所としては中途半端な場所ですが、人通り自体は多い場所です。しかも、すぐに第1種住居地域とかに用途地域がなってしまうため、お店が全然ありません。

そこで、カフェや喫茶店があれば、昼間から需要はあると思うんです。休日の昼間なども憩いの場になる気がします。

素人考えかもしれませんが、こうやって経営者目線でマーケティングするのもおもしろいですね。

潰れたら、実践してみようかな・・・と嫁に「やれば?」と聞いてみたところ、

答えは「メンドクセ」の一言でした・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*