20代で隠居生活!? 週休5日を実現した究極の暮らし方

『20代で隠居 週休5日の快適生活』という本があるようです。

ニュース記事で見ただけで読んでいないのですが、隠居というのはいいですね。

隠居の方法をまとめると

・週に2日だけ介護の仕事で働く。
・収入は月に7~8万円。
・家賃の安い多摩地区に引越した。
・携帯電話は解約。
・食べられる野草を摘みに行く。

いらないものは持たなく、最低限働いているので、今流行のミニマリストでしょうか。

多摩地区とはいえ、家賃3万円くらいとなるとどの辺でしょうか?
多摩地区も広いからいろいろあるんですね。

でも、都内なので都心まで出ようとしたらすぐに出られるし、すごいことです。

家賃3万円くらいなら埼玉や千葉にまで目を向ければ、いくらでもある気がします。
関東地方でなければ、例えば大阪なら余裕でしょう。

ちなみに家賃3.5万円以下をヤフー不動産で検索したところ、
東京都:3279件
埼玉県:3250件
千葉県:3553件
大阪府:8797件

もありました。重複ありですが、いっぱい出ますね。

そして、1日のスケジュールというのが、食事以外はほぼ自由時間w
隠居生活羨ましいです。

当たり前だと受け入れていることを、とにかく疑ったり、自分に問いかけてみると、べつにこうでないといけないってことはないな、と思えて、肩の荷が吹っ飛びました。

まさにこれですね。

ミニマリストの登場やBライフの登場、そして、若年隠居の登場で日本も自由な人が増えてきています。
批判にめげずドンドンやってくれたまえ。

一点だけ気になったのは、週2の介護の仕事は40代、50代でも続けられるようなものなのか?将来的なことだけ気になりました。

その辺も考慮しつつ、がんばって欲しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*