休眠口座を解約しました(三菱東京UFJ銀行)

By: yo &

資産運用を始めるにあたり、まずは棚卸しをしようと思い、金融機関の口座をかき集めました。

すると、あるんですよね。不要な銀行口座が・・・。
都銀は合併してくっついたので、嫌でもだぶつくんですよね。

普通の人はそんなに銀行口座を作らないかもしれませんが、私は趣味であちこちの口座を作っていました。通帳もいろいろなデザインがあっておもしろいんですよね。スヌーピー、ミッキー、Jリーグ、ラッセンなど。さすがにこの年になるとノーマルデザインですが・・・。

残高がいくら入っているのかとカードをATMに入れてみましたが、お取り扱いできませんと表示されます。ああ、長く使っていなかったから、合併で使えなくなったんだな、と思い、せっかくだから解約してみました。

休眠口座の条件

通帳の記帳履歴を見てみると、2、3年前まで利息がついています。ですので、キャッシュカードが使えないのは何かの間違いだろうくらいに思っていました。

ところがです!

・銀行口座は10年間入出金がないと休眠口座になってしまう。

利息がついていても、記帳していてもダメなんです。
実際のお金の出し入れがないと、取引扱いにならないとのこと。

・休眠口座となると、銀行の本部でしか復活、解約できない。

生きている口座だとその場で解約できますが、休眠口座は一回預けて解約してもらう必要があります。ですので、時間も2~3週間かかります。

・口座にお金が残っていた場合、その銀行の口座を持っていれば無料で振り込んでくれる。

自分の名前で振込みがあるので、一瞬ぎょっとします。

・個人情報は銀行に筒抜けである。

口座を解約しようとしていると、なんと他にも休眠口座があるとお姉さんが言うではありませんか!?名前と生年月日が同じだとチェックされ、同一人物だとわかるようです。

旧三和銀行、東京三菱銀行、UFJ銀行など合計で4つも口座を持っていました。何やっているんだろうか・・・。でも、2つはまだ使っています。いまだにスヌーピーのクレジットカードです!銀行のお姉さんにも貴重だと言ってもらえました(自慢)。

結果的には簡単に解約できました。
自分から別口座に残金が振り込まれ、通帳は書留で郵送されてきました。予想外に9,000円も残高があり、サプライズでした!ちなみに休眠口座の復活も同じ手順で可能だそうです。

休眠口座は政府がネコババしようと計画しているので、残高がある人はもったいないので解約しておいた方がいいですよ!

さて、私はあと富士銀行と住友銀行とゆうちょの口座を何とかしないと・・・。
銀行口座の作りすぎにも要注意ですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. lxq より:

    私も旧東海銀行の休眠口座があったので口座を開設した現在三菱東京UFJ銀行の支店に解約手続きに出かけました、記事にあるように1時間窓口で待たされ更に「残高を調査するので後日TEL連絡するので、来店願います」とのことで待つ事1週間、「8,000円ほどの残高があります、来店願います。」ここまでは良かったのですが「振込みで払い戻すので手数料648円かかります」記事を書いた方は同行の口座があったので無料で払戻されましたが、私はないので648円払わないと戻りません、窓口に本人が居るにもかかわらず「振込みしか払戻せない」の一点張り、理を説いて押し問答の挙句なんとか窓口で払い戻してもらうことになりましたが、「2日前に日時を連絡してから来い」との条件付き、私はこんな面倒なことになりましたがこの記事を読み「上に政策があれば、下に対策あり」中国の諺だそうですが、新規に口座を開設してから解約すればこの記事にあるような顛末でケリがつき簡単、早く知っていたら遠回りしなくて済んだと反省。

  2. GSU より:

    lxqさん、大変でしたね。しかし、おかげでとても勉強になりました。
    私は同一銀行で複数口座があるものを解約しようとしましたが、同一行の口座を持っていないとお高い手数料を取られるのですね。
    次に休眠口座を解約するときは、ちゃんと同一銀行の口座を用意しておきます。ない場合は1回復活させてから解約しますね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*