ゴミ屋敷・汚部屋の掃除がおもしろい

テレビ番組で便利屋さんがゴミ屋敷を片付けていました。

ゴミ屋敷は近所にあったら嫌ですが、テレビ越しで見る分にはおもしろいです。

・なぜそこまでモノを溜め込んでしまうのか。
・なぜ食べたものを捨てずに流しに放置するのか。
・なぜカビだらけになっていて気にならないのか。

疑問がたくさんです。
キャーキャー言いながら見て楽しんでいます。

でも、よく考えたら私も独身一人暮らしのときは、半汚部屋住人だった。
食べたものはすぐに洗うし、捨てるのですが、とにかくモノが溢れていました。

ほとんどがいらないもので、14型のテレビ、PC、コタツ、ベッドだけあれば、他のものは不要でしたね。服もほとんど必要なかったのに、無駄なのがたくさんありました。

当時は多忙につき、片付けたり、掃除をしたりに時間を割くのが惜しかったです。たまに何か期待できそうなことがありそうな時には、必死で掃除をしたものですが・・・。

結婚後も共働きの時は、散らかっていました。
どちらかというと嫁の方が忙しく、でも、家事や掃除の習慣がなかった僕は気にならないので放置していました。それで汚くなるばかり。

最初は寝室だった部屋もいつしか物置になってしまったくらいです。
当時に家事をまったく手伝わなかったのが、現在の専業主婦に繋がっています。

仕事と家事の両立は不可能だと、奥さんが気づいたからです。

現在は清潔で快適な我が家ですが、ゴミ屋敷や汚部屋にならないコツは「とにかくモノを増やさないこと」。これに尽きます。

一人暮らしの方は、節約にもなるし、ぜひ物を増やさずに生活してみてください。
きっといいはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*