無理した中学受験の当初目的も破綻する夫婦

自分がやっているわけではありませんが、ウォッチしている中学受験夫婦。
なぜ始めたか動機もよくわからないまま、いよいよ志望校を絞り込む時期にやってきました。

5年生くらいには早稲田、慶応の附属中学と威勢のいい発言が見られましたが、6年生にはGMARCH(関西だと関関同立)の附属。

そして、今では聞いたこともないような学校になっています。
そもそも大学の附属じゃないし!

当初は「あまり勉強が好きじゃないし、今がんばれば、大学受験しなくていいから」、と言っていたはず。
それがすでに当初の目的を見失っている気がします。

志望校に受かりそうにないのなら、スパッとやめればいいと思うのですが、もはや私立ならどこでもいい、に考えが変わってしまっていますね。

お金の面からだと、公立、私立の比較はこうなります。(文部科学省調査)

     公立  私立
小学校: 33万円 493万円
中学校: 39万円 299万円
高校 : 69万円 217万円
大学 : 243万円 386万円(文系)

さらに塾代がかかりますし、大学で一人暮らしをすると仕送り代もかかります。
お願いだから、オール国公立とまではいかなくても、高校までは公立に行ってもらいたいです。

参考中学受験はやっぱりお金がかかるね

どちらかといえば、私立の方がそれはいいんでしょうが、これからの日本はGMARCHを出れば安泰というわけでもなく、人種もいろいろな人が入ってくる可能性がある訳で、ダイバーシティ(多様性)に慣れておいた方がいいんじゃないでしょうか。

中学校が選抜なく選ばれる最後の場所です。もちろん住んでいる地域の選抜はありますけどね。

最後に、中学受験に成功するコツを私なりに考えてみました。

それは、本人のやる気しだい!

本人がやる気がないと、親がいくらガーガー言っても無駄ですね。
落ちたら本人のトラウマにもなるし、夫婦の意見の対立で夫婦仲は悪化するし、塾代も無駄だし、本人にやる気が感じられない場合はやめた方がいいでしょう。

逆に私立に入れたいなら、いかに本人のやる気を出させるか、そこにだけ注力すればいいと思います。それで落ちたら、まあ、仕方ないね、と本人のプレッシャーにならないように向かうことが重要かと。

子どもがどんどん暗くなってきていて、見てられないのでかわいそうです・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*