40歳サラリーマン 仕事への考え方

まだ私が初々しい若手サラリーマンだったころ、先輩と話をしたことがあります。

「宝くじで3億円当たったら、会社を辞めるか?」

先輩は辞めないと答えましたが、私は辞めると迷いなく答えました。嫌な後輩です。それどころか、辞めないなんてスゴイ!と感心してしまいました。超嫌な後輩です。

当時、その先輩は結婚して、子供も生まれていたので、家族のことを考えると当然の回答だったかもしれませんね。

あれから10年超・・・現在の私の答えは、

もちろん成長した今となっては・・・・・・

もちろん辞めます!

これで私の仕事へのスタンスをわかってもらえたでしょうか?(笑)

本当ならこうしたいです。

・できれば、週休3日くらいの仕事につきたい。
・定時ぴったりで終わる仕事が良い。
・責任も軽い方が良い。

とんでもない奴ですね。

昨日『紅リサーチ』なるTV番組で波照間島で農援隊という農業の繁忙期のみ手伝いでアルバイトしている方たちが出ていました。住み込みで働き、仕事が終わったら毎日みんなで一緒にご飯と宴会です。いいですね。最近、沖縄的な暮らしに憧れるようになってしまいました。

末期症状かもしれませんw

最近流行の「好きなことで、生きていく」を実践したいです!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 50歳主婦 より:

    はじめまして。
    あと一年で二人の子供の教育費が終わる家庭の主婦です。
    手遅れ感満載ながら、昨秋から投資信託の積み立てを始めました。
    結婚当時に比べると年収が1/4になり、大学の費用も3,000万近くかかり、 貯蓄が完全に底を尽いてからの再出発です。
    我が家はまだ住宅ローンがないだけましですが、学費と住宅ローンがダブルの家庭は、おそらく退職金のキープだけで精一杯でしょう。
    悲観していても何も始まらないので、やるだけやらねばなりませんね。

  2. GSU より:

    はじめまして。
    大学の費用ってそんなにかかるんですね。驚きました。あと1年の辛抱で、来年以降が貯め時ですね!
    お互いにがんばりましょう。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*