年間の出費をあらかじめ予算化する

毎月の家計が赤字になることも多い我が家ですが、その原因の一つに特別支出があります。

例えば1月だと、お年玉。
3月には遠方で結婚式があり、その費用が相当嵩みます。衣装代、交通費、宿泊費等々・・・頭が痛いです。

他にも誕生日だったり、クリスマスだったり、お金のかかるイベントごとはいくらでもありますね。単純に靴やスーツを買い換えても大きな出費となるので、赤字化してしまいます。

この問題を解決するために、年間の予想される出費をあらかじめ書き出し、予算化しました。

この予算化された分は特別支出としてボーナスで賄うことにします。
トータルで使うお金は変わっていませんので意味がないかもしれませんが、それは違います。

毎月、どうせ赤字だし・・・とこの出費のせいで管理が惰性的になっていたのを、真面目にやれば黒字になる!と考えることができます。毎月の生活でかかる予算がはっきりしてくるので、それを守ることに注力できる訳です。

つまりボーナスの使い方はこうです。

ボーナス年間総額-特別支出-貯金目標額=使える金額

これで使える金額さえ予算超過しなければ、ボーナスは黒字となります。今年はこれでがんばってみます。

ちなみにこの考え方は昨年読んだ『正しい家計管理』という本から学びました。興味があればぜひ読んでみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*