とかく評判の悪いFXをやっています

投信やETFで資産運用をしているブロガーからは、とかく評判が悪いFXをやっています。

といっても、FXをやったことない人が想像している投資法とは違います。

FXというと、怖い、大損、破産、借金、樹海みたいなイメージがあると思います。どれだけ悪いイメージでしょう(半分くらいは私の被害妄想です)。しかし、それはすごく大きなロットでやった場合の話でして、私のように1000通貨でやっていると実にしょぼいです。

1000通貨でトレードした場合、1円値動きがあると、損益は1000円です。ですので、利益はあまり出ないですね。昨年の利益は+3万円くらいでした。プラスではありますが、しょぼいです。その分損失もあまり大きくないのが良いところです。

トレードの方法は簡単で、今だと米ドルを115円台くらいで買います。そして、118円台くらいで決済するというやり方です。最近のアメリカドルは115円~120円くらいで推移しているので、そのレンジの中で買っています。

もちろん次のステージに移動してしまうとどうにもなりません。まあ、そんな感じです。

しかし、これだと単発で終わってしまうので、資産運用という感じがありません。今後は投信やMMFの積立などに変えて行きたいと思ってます。

でも、FXもそこまで嫌われるほど悪い奴ではないのよ・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*