電気代闘争についに終止符!電気代が半減

高額の電気代の請求書が届いてから、慌てて始めた節電運動。その成果がついに出てきました。

2月の電気代は、10,102円でした。

思い起こせば、電気代をめぐる戦いは2ヶ月前にさかのぼります。

12月:19,474円 高額請求に青ざめる。
1月:21,063円 節電を開始するもすでに間に合わず。
2月:10,102円 ようやく値段が下がる。

2月分になり、やっと半減することができました。3月はストーブも使っていないので、もっと下がると思います。

来年の冬も忘れずに同じことをしないといけないので、備忘録として実践した節電はこのとおり。

・エアコンの使用をやめ、電気ストーブとコタツにした。
・電気ポットをやめた。
・炊飯器の保温を使わず、ラップして冷蔵した。

電気ポットをやめて、小型のやかんを利用するようになったのですが、すぐに沸くし、味は美味しいし、なかなかいい感じです。衛生的にもどうなんだろう?と思うこともあったので。

また、炊飯器も保温より美味しい気がします。この辺は嫁の努力なので、私は節電に貢献していませんが・・・。

家計簿を公開しているブログを見ると、電気代が5000円台のご家庭もあって羨ましいかぎりです。一人暮らしや共働きなら、日中家にいないので安いのもわかりますが、一体どうやっているんでしょうね?

これ以上削減するには、待機電力がかかるものを減らしたり、家の電灯をすべてLED電球にするなど、実践しないと無理そうです。LED電球って好きじゃないんですよね・・・。

しかし、どこまで下がるか、楽しみつつ節電を続けていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*