あと2時間働きましょう

タイトルは沖縄に旅行に行ったときに、団地に貼ってあった垂れ幕の文字です。

どんだけ労働時間が短いのでしょうか!?

わざわざ垂れ幕にしているので驚きました。普通、そんなこと書きますか?

イメージの話で大変失礼なのですが、沖縄のような暑い場所だとただでさえ働く気が起きません。その上、短い労働時間で仕事を切り上げてしまうのですから、まあ、羨ましいというかなんというか。

収入は低いのでしょうが、それで暮らしていけるのなら、別にいい気もしますが。暗に生活保護を受けてないで働きましょう!というメッセージなのかもしれませんが・・・。

もしもですよ、私の予想をはるかに超えて1日3時間労働くらいだったらこのスローガンに少しは同意します。でも、まあ、4~5時間働いているなら十分な気がします。

だいたいタバコ休憩とかに行きつつ、実質5時間くらいしか働いていない人はざらにいますよね?あまり仕事はないけど、引き伸ばしつつ9時~17時まで過ごしている人も多いでしょう。

そう考えると、どういう仕事かわかりませんが、とっとと帰るのは潔いと思います。

年度末でどうも労働時間が延びてしまい、つらくなっている者のボヤキでした・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*