「中流でも貧乏」から脱出する方法

世の中にはド貧乏というほどではないが、生活が苦しい家庭が多数存在する。

ギクッ!

毎度dマガジンで楽しみにしている『週刊SPA!』の記事です。

「家計が火の車」だった理由は?

生活費が収入を上回っていた←該当
住宅ローン←該当
妻の浪費←すこし該当

ベスト10のうち3つが当てはまります・・・。

で、そんな状態から脱出する方法は、“支出を抑えること”

当たり前すぎてなんとも言えないですが、何に使っているかわからないけど、ちまちま浪費している家計のメタボ化を改善するに尽きると。

具体的な手段としては、何かひとつだけやめる。

子供がいるなら塾をやめる。
無駄な保険をやめる。外食をやめる。都心に住むのをやめる。

何かしら一つやめるだけでも効果的です。

うちの場合は、クルマですな。明らかに費用対効果で分が悪い。

ユニークな方法も紹介されていました。

食べログなどの口コミを見るのをやめる。
ネットショップで買い物カゴに入れるだけ入れて放置する。
収入が2割減ったつもりで暮らす。

なんでしょう?私はできないというか効果なさそうですが、おもしろいですね。

「わずかしか金のない人が貧乏なのではない。
お金をたくさん欲しがる人が貧乏なのだ。」byセネカの名言

貧乏とは収入の問題ではなく、意識やライフスタイルの問題である。
昔の人なのに、お見事ですな。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*