40歳ともなると老後貧乏になるかどうか予想できる

40歳といえば、定年まではあと20年。

定年後に嘱託での再雇用があっても収入は激減します。ということは、残りの20年間でいくらくらい収入があるか予想できるってこと。

悲しいかな自分が出世するかどうかもほぼ分かっているでしょう。あまり出世が望めないとなると、現在の年収×20年で残りの生涯賃金が大まかに予想できます。

手取り収入×20年分の金額で残りの人生生きていけますか?

・20年分の基礎生活費
・住宅ローンの返済
・教育費
・老後の蓄え

今後も消費税増税をはじめ、社会保険料が上がり手取りは減る一方でしょう。その上、年金は当てにならないときています。

計算してみた結果、まずい!と思ったら、今すぐにでも行動を開始しないといけません。

・固定費はとにかく減らす。
・副業でも共働きでも何でもかまわないので、収入を増やす。
・お金に働いてもらう。投資をする。

私は今のままでは老後貧乏間違いなしです!(自慢にならない)
だから、行動を始めるわけですね。単純なことですよ・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*