同期がみんな家を買っていた

先日、会社の同期会があり、久々に同期で集まりました。
そこでわかったことが、ここ最近に家を買った人が多いということ。

40歳というのは、35年ローンを考えると遅いかもしれませんが、ちょうど家を買う時期と一致します。

それは、子供の年齢。

転勤族で借家暮らしだった人も、子供が小学校や中学校に入ると転校はかわいそう。
それで次に転勤になったら、単身赴任になる。だから、家を買おう。

たいていの理由はコレですね。

しかし、震災復興や東京オリンピックによる建築業界の人手不足、さらには円安による建築資材の高騰。
今の時期はかなり割高だと思いますが、みんな思い切るね。

アベノミクスの効果だというのでしょうか?

いやいや、みんな口々に給料上がらないから厳しい、35年ローン抱えるのは怖いと話していましたので違うのでしょう。
単にタイミングですね。

家を買うにはいくつかタイミングがあります。

1.結婚直後、2.子どもが生まれるとき、3.子供の小中学校入学。

たいていはここに当てはまります。

私の場合は、いずれでもなく、震災後の今の時期に誰が家買うの?気は確か?大丈夫?といった時でした。

買った理由ですか?

賃貸に住んでいるとき、上に引っ越して来た奴が異常にうるさかったからです!

騒音によるご近所トラブルですよ・・・。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

*